日本医療機能評価取得

安全で快適な病院を目指して

行動制限最小化への取り組み

入院生活では、病状によって、治療上の必要から「隔離」「拘束」が必要となったり、「面会の制限」「通信の制限」「外出の制限」など様々な行動制 限をせざるを得ないことがあります。また、安全な治療環境を維持するために、病棟に持ち込める物やその使用に当たっての制限が必要となることもあります。

しかし入院生活において、より快適な療養環境を提供するために、また、よりスムーズな社会復帰のために、退院後の社会生活とのギャップを出来るだ け少なくすることが必要と考え、継続的に行動制限全般に関する検討・見直しを行ない、行動制限を最小にするための取り組みを続けています。

当院では、最低限の「病院としての規則」は守っていただいた上で、一般社会と同様に「マナー」が守られれば、「原則は自由」であり、「マナー」が守られない場合に限って個別に「行動制限」を行なうという「行動制限の原則」を徹底させています。

また、「すべての行動制限は個別に行なわれるもの」であり、その際には個別に「行動制限の理由」を説明しています。

当院では、以上のような原則を踏まえて、以下のような取り組みを行なってきました。

「外出時間」について

これまで、外出できる時間・曜日などが病棟ごとの決まりとして存在していましたが、病院全体として外出時間を定め、病棟ごとの決まりは撤廃しました。病状などから、外出に制限が必要な場合は、「個別に対応」しています。

「面会時間」について

家族に関しては、これまであった「面会できる時間帯」・「一回の面会時間」などの制限を撤廃し、面会者に、治療の妨げや本人の負担にならないような配慮を お願いした上で、自由に面会していただいています。また、「家族以外の面会」「病状によって制限が必要な場合」などは、「個別に対応」しています。

「病棟への持ち込み品」について

飲み物・食べ物・嗜好品・化粧品・装飾品などに関する病棟ごとの決まりが存在していましたが、これもすべて撤廃し、糖尿病などで制限が必要な場合・購入量 を自分でコントロールできない場合などの問題がある場合に限って、「個別に対応」することとしました。また、「携帯電話」に関しても、「個室以外では、通 話は指定場所で」「カメラを使用しない」などのルールが守られれば、病棟内への持ち込み・使用は自由としています。